本文へスキップ

障害児者その人らしい暮らしを目指す NPO法人 門真市手をつなぐ育成会

行事報告report

行事報告

ファミリースケート体験行事

31年1月13日(日)

行事報告写真 行事報告写真

ラクタブドームのサブリンクを専有利用し、恒例のスケート体験行事を実施しました。      
始めに怪我予防のため、ラジオ体操など充分に準備運動を済ませ「レッツ・ゴー」とリンクへ!!!。      
さっそうと滑り始める人、手すりを持ってこわごわ歩き始める人、ボランティアさんに手を取ってもらい用心深くリンクに入る人、ソリに乗り押してもらう人、長靴の人、それぞれが転ばぬようにリンクに入ります。     
時間が経つに従って徐々に力が抜け、みなさん笑顔になっていきます。  初参加の小学生は上達が早い!転んでも・・転んでも・・へこたれません! それぞれが自分のペースでスケート体験と交流ができました。      
     
     

門真市立門真みらい小学校6年生との交流行事

30年11月17日(土)

行事報告写真 行事報告写真

障がい児者が集い、みらい小の6年児童とペアやグループになって、コーナーゲームめぐりをしました。      
初対面の子に最初はどう動いたらいいのか戸惑っていた児童も、ふうせん運びから始まり、次第に肩を並べ優しくリード。お互い楽しそうにゲームや作品づくりをしていました。      
談話コーナーでは、保護者の方に集まっていただき、市教育委員会学校教育課課長にもご出席いただき懇談会をしました。      

社会体験行事(ボウリング大会)

30年7月8日(日)

行事報告写真 行事報告写真

今回も例年通りB−lax(ビーラックス)にて、会場1階の全レーンを借                                  りて楽しみました。
ボーリング場の機械の故障で、表彰式が大幅に遅くなってしまうというトラブルがありましたが、皆さん静かに待っていただきました。      
ありがとうございます。      

社会体験行事(バスツアー名古屋港水族館)

30年3月3日(土)

行事報告写真

今回、キッズ・レインボーの親子行事との      
併催で賑やかな春のバスツアーとなりました。      
水族館では、イルカショーやベルーガ、イワ      
シのトルネードやペンギンなどが子どもたちに人気でした。
     
     
     
     
     

社会体験行事(ファミリースケート)

30年1月7日(日)2月4日(日)

行事報告写真 行事報告写真

スケート体験をラクタブドームのサブリンクを借り切り行いました
     
みんなで準備体操を念入りにして、いざリンクへ!      
スケート靴が履けなくても長靴を借り、ソリに乗ったり押してあげたり、手すりを頼りに歩いてみたり、手をつないだり、もちろんス〜イスイと滑ったり、それぞれが様々な形で楽しみました。
     

研修会『意思疎通支援に役立つアプリ・ツール活用連続講座』

行事報告写真 行事報告写真

29年9月11日(月)

29年10月16日(月)

29年11月13日(月)

講師:(一社)日本支援技術協会研究部長 中園正吾氏

『意思疎通支援に役立つアプリ・ツールの連続講座』

 ☆参加者の声☆
 
デジタルに苦手なアナログな私も丁寧に説明して頂き、  
3回目にはiPadを実際に使い、更にわかりやすく楽しく学ぶことができました。


門真市立砂子小学校5.6年生との交流行事

行事報告写真

29年11月11日(土)

門真市内の障害児が集い、小学校児童とぺアーになり、ミニゲームやコーナーゲームめぐりをしました。

☆参加者の声☆

今回で5回目の参加です。今年は事前に砂子小学校の児童に事前学習があったからかとてもスムーズにお互いが楽しく過ごす事ができました。ありがとうございました。

     

談話室では育成会の取り組みをお話して頂きました。


    

社会体験行事(ボウリング大会)

29年7月9日(日)

行事報告写真      
古川橋「B-lax」の1フロア―を借り切り放課後等デイサービス「キッズ・レインボー」の親子行事との併催で開催しました。
     
     
上位入賞者の感想です。
     
     
優勝・・・勇亮さん      
ピンをねらって真っすぐ投げた。最後はストライクでよかったです。優勝できて嬉しかったです。
     
     
準優勝・・・紀子さん      
久しぶりだったけど、準優勝して嬉しかった。来年も頑張って行きたい!
     
     
第三位・・・由紀さん      
初めて盾をもらって嬉しいです。今度は優勝できるようがんばります。楽しかった。
    

社会体験行事(ファミリースケート)

29年3月19日(日)

行事報告写真 行事報告写真

ラクタブドーム サブリンクにて
     
今期2回目のスケートでした。      
1回目の時より確実に上達してて自信が出てました。      
保護者も安心して見守れました。


社会体験行事(バスツアー)

29年3月5日(日)

行事報告写真

コカ・コーラ京都工場・京都鉄道博物館
     
コカ・コーラ工場では、製造の歴史を3D用の眼鏡を使用して映像を楽しみました。
     
その後のドリンクバーでは美味しく頂きました。
     
昼食はおばんざいのバイキングでした。


     
 京都鉄道博物館では、SLの列車にも乗れて盛り上がりました。

「障がい福祉課長との懇談会を開催」

行事報告写真

29年2月3日(金)

「障害者差別解消法の門真市の取り組みについて」をテーマに、障がい福祉課長と課長補佐との懇談会を開催しました。
平成28年4月1日に施行された 『障害者差別解消法』について、門真市の取り組み状況などをお聞きしました。
その後、それぞれの困り事など直接聞いて頂きました。

「大阪府教育庁支援教育課との懇談会に参加」

29年1月31日(火)

大阪手をつなぐ育成会で、大阪府教育庁支援教育課との教育懇談会が開催されました。
門真市育成会の学齢期の保護者の方々も参加し、大阪府の支援教育についての現状や問題について意見交換が行われました。
     
     
     
     

「障がい理解を深めるために〜発達障害の子どもを育てて〜」

行事報告写真

29年1月20日(金)

講師に前塚裕子さんをお迎えして研修会を開催しました。
前塚さんは、発達障害のある子どもの母親であり、親・子ども・支援者の支援トレーナーとしてもパワフルに活動されています。
発達障害に伴う子育ての経験を数々のエピソードとして具体的にお話されました。     

社会体験行事(ファミリースケート)

29年1月8日(日)

行事報告写真

ラクタブドーム サブリンクにて
     
怖くて椅子ぞりに座って押してもらっていた子も、お母さんに手をつないでもらってやっとこさ歩けていた子も 、時間が経つにつれ、それぞれが格段に上手になっていきます。 氷上を歩いてみようとチャレンジしたり、お母さんの手を離していつの間にか一人で滑っていたり。
成人のみなさんは、小さな子に負けじとスーイスイと滑ってみせたりマイペースでゆっくりゆっくりと 歩を運ぶ人もいました。
みんなとっても楽しそうでした。


教育懇談会を開催しました

28年9月8日(木)

門真市教育委員会門真市リーディングチームの5名の先生がお越し下さいました。 日頃の子どもとのやり取りを例に挙げながら、どのように子どもに伝えるとわかり良いかのヒントをたくさん知ることができました。 家庭での子どもの言葉かけの際に即実践してみようと思いました。

社会体験行事(ボウリング)

行事報告写真

28年7月10日(日)

今年も古川橋B-lax(ビーラックス)にて
ボウリング大会を行いました。
     
☆参加者の声☆      
今回が3回目の参加になるボーリング大会に、小学3年の息子は前日から      
『ストライクでるかなぁ』と楽しみにしてました。      
残念ながらストライクは出ませんでしたが、本人は2ゲームを投げ切り      
とても楽しい時間を過ごしたようです。      
さて、4回目の来年は待望のストライクを出せるか!?

見学会(生活支援グッズのお店『ぽっしぇ』)

行事報告写真

28年6月30日(木)

生活支援グッズのお店『ぽっしぇ』見学
     
たくさんの支援グッズや本が置いてあり、一つ一つ丁寧に説明してもらい、実際に試しながらわが子にあった支援グッズを購入することができました。
     
見学会に参加し、日々の生活のヒントも頂けて楽しく参加できました。
     
ぽっしぇの皆さま、ありがとうございました。
     
     
生活支援グッズのお店『ぽっしぇ』
     
     

腹話術とムーブメントを楽しもう!

行事報告写真 行事報告写真

28年4月6日(水)

門真市民プラザにて、足立朋子氏を
     
お招きして、腹話術とムーブメントを楽しみました。

研修会『知的障がいの理解のために〜疑似体験〜』

行事報告写真 行事報告写真

28年1月22日(金)

講師「ぴーす&ピース・たつの市手をつなぐ育成会 市民グループ」
矢野一隆氏

『知的障がいの疑似体験』
 1.抽象的な言葉では伝えにくい。
 2.他人に伝える事の難しさ。
 3.みんな同じ視点ではない。
 4.集中しすぎると周りが見えない。
 5.手先の不器用さ、周りの環境で時間の流れや作業効率が変わる。
の暮らしづらさを体験し、障がい理解を深めました。

☆参加者の声☆
 *気づいていない身近な事を分かりやすくおもしろく講義していただいてとても良かった。
 *色々な疑似体験ができ、見直しにつながりました。


人形劇の体験

行事報告写真 行事報告写真 行事報告写真

27年9月19日(土)

『人形劇団もんぺ座』さんの人形劇
     
音楽人形劇にみんな釘づけ。
     
そして、人形劇を観たあと、自分で選んだお人形を手に持って、音楽に合わせて動かすという体験を持たせて頂きました。みんな笑顔でとても嬉しそうでした。
     
     
     
     

社会体験行事

     
 平成27年度国庫補助事業
 親子ふれあいキャンプ療育

27年9月5・6日(土・日)

行事報告写真 行事報告写真 行事報告写真 行事報告写真 行事報告写真 行事報告写真

27年9月5・6日(土・日)

『社会福祉法人 全国心身障害児福祉財団』より助成を得て、
グリーンビレッジ交野に親子キャンプに行きました。
     
☆参加者の声☆
ハイキング、川遊び、BBQ、花火と親子で楽しい体験ができました。

NPO法人 門真市手をつなぐ育成会

〒571-0048
大阪府門真市新橋町26-18
TEL:090-9278-9238
Email:
kadoma_tewotunaguikuseikai@ybb.ne.jp